講師紹介

堀 賢人(東京大学工学部システム創成学科Cコース)


出身:麻布高校(東京)
棋力:六段
小さい頃から囲碁を習い始め、面白さに気づいたのはは小三の時でした。
それから囲碁にどハマりし、学校から帰ると棋譜並べを、暇な時間は詰碁の本を読んでるぐらい当時の僕は囲碁漬けの日々を送っていました。
振り返ってみると、小学生の時に何かにどっぷり浸かるという経験はとても貴重なものでそこから得られたものはとても大きいものでした。
この教室に通う子供たちにもぜひ囲碁漬けの生活を送ってもらいたいと考えています。
※平成21年少年少女団体戦全国優勝(主将)

キムギョンジュン(東京大学教養学部2年)


出身:韓国
棋力:初段
韓国で学校活動で囲碁を打ちました。押井さんと囲碁打っていたことをきっかけに始めました。
日本に留学して来てからも囲碁を楽しんでいます。
囲碁は思考力や集中力の鍛錬以前に、人と人の交流だと思います。

米谷 道(東京大学教養学部1年)


出身:埼玉県立大宮高校
棋力:二段
高校の部活で囲碁のルールを覚えて、自由さと構想の楽しさに魅了されました。
高校では私以外も初心者が中心で、後輩十数人にルールから教えたので、囲碁の楽しさを知るところから始めることにやりがいを感じています。
この教室でも一人でも多くのお子さんに囲碁を楽しみにしていただけることが目標です。

田中暉久(東京大学教養学部1年)


出身:洛南高校(京都)
棋力:六段
祖父と父から囲碁を教わり小学校低学年のころには打てるようになっていました。
父との対局に負ける悔しさから囲碁を何局も打っているうちに気づいたら上達していました。
小さいころはただ囲碁にふれているだけで強くなれるので是非多くの子供たちに囲碁を始めてほしいです。
また高校では、共に全国準優勝を果たした仲間との強いつながりができ、囲碁をやっていて良かったなと感じています。
囲碁を通じて頭を使うことや物事を考えることの楽しさを子供たちに実感してもらえるよう頑張ります。
※高校選手権団体全国準優勝(副将)

※その他多数在籍

投稿日:

Copyright© T.O.I東大生が教える囲碁教室 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.